トップページ »  » 転貸の損傷、自然損耗、経年劣化

転貸の損傷、自然損耗、経年劣化

賃貸物件の場合、入居前に不動産や大家さんから現状の家の状態確認をしてもらい、
退去時に損傷箇所の確認や立会いを行う場合があります。
そして、通常生活している上での劣化(壁紙などの自然消耗)に関しては管理している大家さんや不動産での原状回復となり、
自然消耗以外の損傷に関しては敷金から引かれ、それ以上費用がかかる場合は後日請求という形になります。

例えば、生活しているうちに出来た壁の汚れなどは貸す側が次の入居者が入居する前に張替え、
借りる側が故意に壁に穴を開けたなどの場合は請求(敷金の範囲内ならば敷金から)と言う形になります。

リロケーションの場合も同じように、
床)老朽化の場合は貸す側。/老朽化以外は借りる側の負担。
壁)老朽化の場合は貸す側。/老朽化以外は借りる側の負担。
という管理方法なのです。
また、通常の賃貸と同じように、消耗品や設備に置いても、
消耗品)電灯など・・・賃借人の負担。
エアコンなど設備)点検・小修理・清掃・・・賃借人の負担。

上記のようになります。
老朽化以外の場合は、退去時にリロケーション業者(契約している不動産など)に報告もしくは立会いのもとに確認し、
修理を依頼し敷金より上回る場合は後日請求という形になります。