トップページ »  » 空き家管理の報告例や状況確認

空き家管理の報告例や状況確認

今は昔ほど持ち家を手放す事が出来なくなっています。
そういった中で急に海外赴任や遠方への転勤が決まってしまうと不在中の留守は心配だが、
かといって売ってから赴任という方法が難しく悩んでいる方が多いようです。

そこで、短期賃貸でおなじみのリロケーション業者が登場し今ではすっかりおなじみの業種となっています。
リロケーション業者で提供するサービスはまず短期で賃貸する物件の管理となり、
この場合は留守宅に人が住んでくれるので空き家の心配が無いのですが、
中には人に貸すのはイヤだが空き家にするのは怖いという家主もおり、留守宅管理サービスというものを単体で扱う業者が増えています。


留守中に家の傷みや破損、近所への配慮などはもちろん、
空き家管理の際の報告を受ける事ができますし、
家主自ら今の家の状況を把握できるというので安心なサービスです。

例えば、月に何度か家の状況を画像で報告してもらったり、
WEBでの確認などもでき、
最近では、パソコンを起動せずにカメラのみで家の状況をリアルタイムで見ることが出来るという商品もありますし、
ネット環境があれば昔のように遠く離れていても自分の家の心配なく、
赴任先で暮らす事ができると評判です。