トップページ »  » 留守宅管理業者の転貸サービス

留守宅管理業者の転貸サービス

リロケーションという言葉を色々なところで耳にするようになりました。
これはどういうシステムかというと、簡単に言うと空家を2年、3年くらいの短期で貸家にするというシステムで、
それを専門に行う業者や貸すだけではなく留守中の管理もしてくれるという業者が増え、
人気が出ているシステムの事です。

1992年「期限付借家権」が出来、2000年には「定期借家権」が導入され2、3年という決まった短い期間での借家が出来るようになり、
売れない家や賃貸用に貸し出す家のオーナーにとっては家賃収入になりやすいので、
リロケーションを行う事が増えているようです。

また、急な海外転勤などの際に持ち家を空けている不安や、
赴任期間が決まっている場合に売りに出すのが嫌だというオーナーにとってはかなり良いシステムで、
ほとんどの場合、こういった転勤や赴任の際に貸したり管理してもらう方が多いようです。

家は住まないでいると傷みますし、空家にしておくと近所にも色々な迷惑がかかってしまう事もあります。
そしてなんと言っても、せっかく手に入れたマイホームですから売却することなく大切に自分の財産として持っていたいものです。

手放す事を考える前にこういったシステムを利用してみるのもよいのではないでしょうか。